前へ
次へ

大根にだしをしみこませる方法を知る

日本では大根は主に根の白い部分を食べ葉の部分は捨てることが多いです。
しかし外国には葉の部分を食べ根の部分は食べないところもあるようです。
日本でも葉の部分を漬物にしたり炒めて食べるなどがありますが、一般的にはあまりおいしくないとされています。
ただそれなりに栄養のある部分です。
日本では白い部分を食べることが多く、調理方法もたくさんあります。
サラダや大根おろしのように生でも食べますし、焼いて食べたりもあるでしょう。
でも料理の中で多いのは煮物などに入れるケースかも知れません。
おでんの人気のタネとしても知られ、味がしゅんだ大根は人気の一品になります。
大根などを煮るとき、味をつけようと長く煮てしまうと形が崩れたり柔らかくなりすぎたりします。
一方食感を残そうと短時間で煮ると味の付き方が弱かったりします。
そこで事前に冷凍しておき、その後に煮る方法を取ってみましょう。
冷凍することで繊維が壊れて味が染み込みやすくなり、短時間でもしっかり味が付きます。

Page Top