前へ
次へ

ロールキャベツは何で留める人が多いか

キャベツを使った料理として人気があるのがロールキャベツです。
元々の起源はトルコ料理にありトルコではキャベツではなく別の野菜で肉などをくるんでいたようです。
その後ヨーロッパに伝わったときにキャベツでくるまれるようになって、日本には明治時代にロールキャベツとして伝わってきました。
茹でたキャベツに肉などをまいて煮ていきますが、せっかくなら巻かれた状態を崩さずに皿に取りたいでしょう。
しかし何もしていなければうまく皿に盛りつけられず崩れてしまうときがあります。
そこでいろいろな方法を使ってキャベツが崩れないように留めようとします。
各家庭で何で留めるかの意見が異なるようです。
比較的よくあるのが色々な料理を留めるのに使う爪楊枝です。
しかし爪楊枝は食べられませんし間違って口に入れるとケガをしかねません。
そこで食べられるもので留める方法も人気です。
よく使われるのがかんぴょうで、かんぴょうで巻いて結んだ状態で煮込むことが多いです。
煮込まれることでかんぴょうも程よい軟らかさになります。

Page Top